レベナオーガニックの正しい使い方と注意点を徹底解説!

Lebena organic (レベナオーガニックシャンプー)_C

↑レベナオーガニックシャンプーの詳細はこちら↑

 

レベナオーガニックとは、シャンプー・トリートメント・ヘアオイルなどを扱うブランドです。

 

国産オーガニックを売りにしていて、なんと原料の95%以上が天然由来の成分かつ10%以上はオーガニックなんだそうです。

 

せっかく良いシャンプー・トリートメントを使用するなら正しい使い方で、しっかりと効果を実感したいですよね。

 

今回はレベナオーガニックの正しい使い方と使用上の注意点について調べました。

 

レベナオーガニックの使い方を分かりやすく解説

 

レベナオーガニックは石油系合成界面活性剤を使用していません。

 

なので、泡立ちが悪い・洗浄力が弱いと思う方が多いようです。

 

ですが、洗い方によってしっかりと泡立ちをよくすることが出来るんです。

 

まずシャンプーの前に髪をブラッシングしてください。

 

ブラッシングによって抜け毛や、髪についた汚れを取り除きます。

 

その際に同時に頭皮のマッサージを行うようにすることで、頭皮の血行を良くし、皮脂の汚れを浮かせます。

 

その後ぬるま湯で予洗いを行います。

 

シャンプーの泡立ちを良くするために重要なのがこの予洗いです。

 

ブラッシングで浮かせた髪についた汚れの大半が、この予洗いで落ちるそうです。

 

シャンプーの前に髪の毛に水分を含ませるようにしっかり濡らすことで、髪を摩擦から守り泡立ちが良くなります。

 

このときにお湯の温度が高すぎると、キューティクルが開きすぎて髪を傷めてしまうので、38℃くらいのぬるま湯にしてください。

 

続いてシャンプーを手に取り、少し水を含ませてまずは手のひらでしっかり泡立てます。

 

そしてその泡を使って、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗っていきます。

 

頭皮が傷ついてしまうので、爪は立てないようにしてください。

 

全体が洗えたら、すすぎ残しのないように丁寧に洗い流します。

 

このときに洗い残しがあると、フケや痒み、べたつきの原因になってしまいます。

 

また、シャンプーが毛穴に詰まってしまうと、抜け毛や薄毛の原因にもなってしまうので、髪の内部までヌルヌルした感じが残っていないか、しっかりと確認してください。

 

続いてトリートメントです。

 

まずは髪の水気をしっかり切ります。

 

こうすることでトリートメントの成分が髪に浸透しやすくなります。

 

水気が切れたら毛先を中心に髪の下半分にトリートメントをつけてください。

 

頭皮にはつけないようにしてください。

 

その後5分程度おいて、髪にトリートメントの成分を浸透させます。

 

5分経ったらシャンプー後同様、すすぎ残しがないようにしっかりとすすいでください。

 

ぬるぬるしていたのがなくなって、シルクのようななめらかな手触りになればOKです。

 

逆にきしきしするようなら流しすぎなので、様子をみて調節してください。

 

乾かすときにはいきなりドライヤーをするのではなく、まずはタオルドライから行ってください。

 

ドライヤーの熱は髪にあまり良くないので、なるべくドライヤーの時間が短くなるよう、タオルドライで水気をきっていきましょう。

 

髪をタオルに挟んでポンポンと叩くと良いです。

 

ぎゅっと絞るのはやめてください。

 

髪に摩擦を与えてしまいます。

 

タオルドライで8割くらい乾いたらドライヤーで乾かしていきましょう。

 

髪の内側や根本の方から乾かしていくと良いです。

 

乾いたら最後に冷風を当てて下さい。

 

こうすることで、キューティクルが閉じるので髪にツヤが出ます。

 

完全に乾いたらブラッシングをして終わりです。

 

レベナオーガニックを使うときの注意点って何?

 

レベナオーガニックは天然由来の成分を使用しているので、なるべく早く使い切ってください。

 

開封前は3年、開封後は3ヶ月が使用期限です。

 

もしも使用していて頭皮や顔のお肌にトラブルが起きた場合は、すぐに使用をやめて皮膚科医などに相談してください。

 

まとめ

 

・レベナオーガニックは国産オーガニックを売りにしているヘアケア用品のブランド

 

・原料の95%以上が天然由来の成分かつ10%以上はオーガニック

 

・シャンプー前にブラッシングで抜け毛や、髪についた汚れを浮かせ、ぬるま湯による予洗いで汚れを落とす

 

・予洗いで髪の毛に水分を含ませるようにしっかり濡らすことで、髪を摩擦から守り泡立ちが良くなる

 

・お湯の温度が高すぎると髪を傷めてしまうので、38℃くらいのぬるま湯で行う

 

・泡立てたシャンプーで指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗う

 

・すすぎ残しのないように丁寧に洗い流す

 

・トリートメントの成分が髪に浸透しやすくするため、水気をきる

 

・毛先を中心にトリートメントをつけ、5分たったらシルクのようななめらかな手触りになるまで洗い流す

 

・タオルドライで8割くらい乾いてからドライヤーで乾かす

 

・最後に冷風を当てることで、髪にツヤが出る

 

・天然由来の成分を使用しているので開封前は3年、開封後は3ヶ月が使用期限

 

 

↓レベナオーガニックシャンプーの詳細はこちら↓

Lebena organic (レベナオーガニックシャンプー)_C

 

 

レベナオーガニック

page top